バンカーをキレイに速く均す方法

こんばんは
ザバススポーツクラブ鶴見店、
横浜セブンアンダー担当の成井です。

今回はこの項目です。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
◎ コースの保護

バンカー
バンカーから出る前に、プレーヤーは(a)自分が作ったバンカー内の穴や足跡は勿論、(b)近くにある他のプレーヤーの作った穴や足跡もすべて入念に埋め、平らにならしておくべきである。レーキがバンカーの近くのそれほど遠くない所にあれば、砂ならし用にレーキが使われるべきである。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
皆様はバンカーに入って打ち終えたら、キレイに均してから出ていると思いますが、バンカーを均すには時間がかかります。

そこで、バンカーをキレイに速く均す方法を
お教えいたします。

日本のゴルフ場の場合、バンカーレーキは必ずありますので使います。

皆様も使っているとは思いますが、バンカーショットの際、バンカーレーキを持って入る方は少ないと思います。

バンカーレーキを持たずに入ると
バンカーショットをしてから一度外に出て
(これで1往復)
バンカーレーキを取り、またバンカーショットをした場所に戻ってから均さなければなりません。バンカーショットの跡と2往復分の足跡を均す事になることと、1往復分の余計な歩行時間がかかってしまいます。

最初からバンカーショットをする時クラブと一緒に持っていけば無駄な1往復分の歩行と均す足跡が少なくて済みます。

また、キレイに均すためには、バンカーショットの跡とスタンスの跡をいきなりレーキで均すのではなく、
一度足で均してから、レーキを使った方が速くキレイに均せます。

また、自分の跡以外にもし均していない足跡などがあれば一緒に均すようにしましょう。

バンカーショットの際にレーキを持って入るとペナルティーだと思っている方もいらっしゃいますがそんなことはありません。

ただし、バンカーレーキを飛球線と平行に置いて(ボールの前やスタンスの前などに置く)打ってしまうと、方向を示すガイドとみなされペナルティ(2打罰)となりますので、そのように置かないように気をつけてください。

また、以前はバンカーショットの前に他の人の足跡などを均すとテストとみなされていましたが、2012年からコースを保護するものであれば、バンカーショットの前であっても均せるようになりました。

ボール周辺とボールの先以外でしたら入るついでに他の跡も均して大丈夫です。

また、これは均す人は少ないと思いますが是非、行って欲しいバンカー均しがあります。

それはボールがバンカーに落下したのですが転がってバンカーから出た時、皆様はどうしているでしょうか?

バンカーにボールが落下するとほとんどの場合跡が残ります。

バンカーから出てラッキーと思うだけでなく、
その後を均す事も忘れずに。

これも後続組に対する気遣いであり、常に皆が公平に回るためのマナーです。

長くなりましたので、本日はここまでとします。

先週このコースに行きました。

涼しくて快適でした。

さてここのコースはどこでしょう?

過去記事②

こんばんは
ザバススポーツクラブ鶴見店、
横浜セブンアンダー担当の成井です。

今回は鶴見のゴルフマナーの過去記事の2回目の投稿をアップさせていただきます。

 

ゴルフスクールの皆様こんにちは
土曜日レッスン担当の成井です。

ゴルフラウンドを最大限に楽しむ方法、
覚えてますか?

そうです。ゴルフのエチケットマナーを身につけることでしたね。

ルールブックの第1章のエチケットに記されている
内容は大きく3つに分けられます。
①安全確認
②他の人に迷惑をかけない
③コースの保護

ルールブックの内容やそれに関する補足などを入れながら説明してまいります。

①安全確認
コースで快心のドライバーショットを放つのは気持ち良いものです。
ですがその前に気をつけていただきたいことがあります。

朝イチのティーショットは身体をほぐすために素振りすると思います。
その際、周囲に人がいないかを必ずチェックしましょう。

ティーインググランドの付近は人が多く集まる場所です。
十分気をつけなければなりません。

また人がいる方向に向けてスイングする事は、必ずしないようにしましょう。
万が一ヘッドが飛んでしまうと大変なことになります。
また、地面を削って芝や土を人にかぶせてしまうなんて行為は最悪です。

たまに見かけたりしますが、、、。

人がいる方に向かってスイングしてしまう人は
意外と多くいます。
芝を削らなくても大変危険で失礼な行為なので気をつけましょう。

実は私も芝を頭に浴びたことがあります。
友達でしたので思いっきり叱ってあげました(笑)

またこれは実際にあったことですが
ティーインググランドから前の人がティーショットをして、次のプレーヤーがティーアップして上体を起こしたところに前のプレーヤーが素振りをしたクラブに直撃してしまい大怪我をしてしまうという事故がありました。

次のプレーヤーは前のプレーヤーの背後の近いところにティーアップをし、前のプレーヤーはティーショットが曲がってしまって、
反省の素振りを後ろでティーアップしている人に気がつかずにしてしまったということでした。

ここから学ぶことは
クラブを持った人の背後から近づくことは危険!
それから素振りをする時は必ず周りを確認!
因みにこの場合、前のプレーヤーの反省の素振りは次のプレーヤーのために速やかにティーインググランドを開けてからすべきです。

これから楽しい時を過ごすはずが
一番最初にこんなことになってはゴルフどころではありませんよね。
コースでのプレーは凄く楽しいのですが
このような危険なこともありますので十分気をつけましょう。

長くなりましたので本日のエチケットマナーの勉強はここまでとします。

次回は①安全確認の続きからと致します。
よろしくお願い致します。

◎ コース上の先行権

こんばんは
ザバススポーツクラブ鶴見店、
横浜セブンアンダー担当の成井です。
今回は過去記事の前の回の続きからです。

今回はこの項目です。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
◎ コース上の先行権

委員会が別の取り決めをしている場合を除き、コース上の先行権はその組のプレーのペース次第によって決まる。なお、1ラウンドをフルにプレーしている組はそれよりも少ないホール数をプレーしている組をパスすることができる。「組」という語には1人でプレーしているプレーヤーのことも含む。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
鶴見のブログではパスの話をしましたので
重複してしまうところもございますが、

皆さんはパスをさせたり、パスをした事はあるでしょうか?

ゴルフ場が混んでいる場合や
セルフプレーでカートが電磁誘導のリモコン操作の場合はカートの入替えができませんが

明らかに後ろの組みの方が2サムプレーなどで
速い場合はパスさせるべきです。

パスさせるところはどこでも良いのですが
誤球を避ける為に

パー3で全員が乗ったらマークして
後ろの組に打ってもらいパスさせるか
また、ティーインググランドで待っていて先に行ってもらうのが良いでしょう。

もし、ティーショットやセカンドショットを打った状態でパスさせる場合は誤球をさせないように打ったボールの銘柄、番号とどの辺に打ったかをパスさせる組みに伝えましょう。

また、パスをさせたからゆっくり回って良いわけではなく、遅れないようにプレーしなければならない事は変わりません。

話は変わりますが
ゴルフ場でクラブ選手権の競技が
行われているときにプレーをしていて
選手をパスさせたことがある方は
いらっしゃるでしょうか?

クラブ選手権というのはそのゴルフ場のチャンピオンを決める試合です。

ゴルフ場によって異なるかもしれませんが
2サムのマッチプレーで1日に36ホール(2ラウンド)プレーします。

この場合  [少ないホール数をプレーしている組をパスすることができる。]により
1ラウンドプレーしている組は少ないプレーをしている組に該当するので
2ラウンドプレーしている選手はパスする事ができることになります。

このケースでパスさせるのはクラブ選手権のときくらいだと思います。

その時は快くパスさせてあげまししょう。

そしてゆくゆくは
クラブ選手権出場を目指して頑張りましょう。

では今回はここまでと致します。

過去記事①

こんばんは
ザバススポーツクラブ鶴見店、
横浜セブンアンダー担当の成井です。

ザバススポーツクラブ鶴見店以外の方は

私の以前のブログを見ることが出来ないので

今回は鶴見のゴルフマナーの過去記事の初回の投稿をアップさせていただきます。

 

 

ゴルフスクールの皆様こんにちは
土曜日レッスン担当の成井です。

突然ですが、ゴルフ場に出た時の楽しさとはと聞かれたら
何と答えますか?

ドライバーでボールを遠くに飛ばすこと
アイアンショットがピンに向かって飛んでいくこと
長いパットが入った時
ベストスコアを更新すること
気の合う仲間同士和気あいあいと緑の中を歩くこと
はたまた初めて会う方とゴルフをすること
ゴルフコンペに参加してドラコン賞やニアピン賞を取ること
競技ゴルフで試合の緊張感を味わうこと
老若男女問わず一緒にプレー出来ること

人それぞれ色々な楽しみ方があると思います。
その楽しみを最大限に楽しくさせるもの
またその楽しみを半減させてしまうものがゴルフ(ゴルフに限りませんが)にはあります。

なんだと思いますか?

答えは
エチケット マナーを身につけること

なーんだと思うかもしれませんが
考えてみてください。

ドライバーでナイスショットするにも
長いパットを沈めるにも
周りで騒がれたりしたら
上手く行く可能性が減りますし
嫌な気持ちになりますよね。

ただエチケット マナーというのは
なかなか他人は教えてくれないことが多いものです。
知らなければ他人が打つ時におしゃべりをしたり素振りをしてビュンビュンと音を立てたり、バンカーショットの後、均さずに出てしまったりしてしまうかもしれません。

一昔前では赤の他人に対しても
ルールやマナーを教えてくれる(怒ってくれる)先輩方がいたものですが

最近ではそういう方も少なくなりました。
仲間同士でもなかなか遠慮をして言えない人もいます。

エチケット マナーというのは知っていて当たり前なところがありまして
なかなか教えてくれないものです。

ですが知らなければ知らず知らずに人に迷惑をかけてしまいますし、
エチケットマナーを知っている人は嫌な思いをすることになります。
本当は注意をしてあげたほうがその人のためなのですが、なかなか遠慮をしてしまい我慢している人が多いようです。

ゴルフスクールの皆さまの中には
ゴルフのエチケットマナーが完璧に身についている方や
まだよくわからない方もいらっしゃると思います。

完璧な方は確認として、まだ自信のない方はこのブログを通じてしっかり身につけていただけたらと思います。

ところでゴルフスクールの皆様、「ゴルフの精神」てご存知でしょうか?

ご存知の方はゴルフルールに精通されている方だと思います。

実はゴルフ規則の第1章がエチケットなのですが
そこにゴルフの精神について記されております。
以下に貼り付けますので目を通してください。
ゴルフの精神
ゴルフはほとんどの場合レフェリーの立ち会いなしに行われる。また、ゴルフゲームは、プレーヤーの一人ひとりが他のプレーヤーに対しても心くばりをし、ゴルフ規則を守ってプレーするというその誠実さに頼っている。プレーヤーはみな、どのように競い合っているときでもそのようなことに関係なく、礼儀正しさとスポーツマンシップを常に示しながら洗練されたマナーで立ちふるまうべきである。これこそが正に、ゴルフの精神なのである。

(ゴルフ規則から引用)

少し堅苦しいと感じる方もいらっしゃるとは思いますが、大事なことです。

今回はここまでと致します。

これからエチケット マナーについてなるべくわかりやすく解説していきますので次回からもお付き合いください。
よろしくお願い致します。

「OBボールに未練なし」

はじめまして

ザバススポーツクラブ鶴見店(土曜日)
横浜セブンアンダー(日曜日)を
担当しております成井と申します。

ザバススポーツクラブ鶴見店ではこれまで会員様向けに
ゴルフマナーについて書かせていただいております。

これからはこちらのブログにて話をすすめていくこととなりました。

今までのザバススポーツクラブ鶴見店会員様限定のブログは
イベントなどのご連絡用となる予定です。

では、前回の続きを書かせていただきます。

◎ プレーのペースの3つ目の項目 紛失球についてです。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
紛失球
球がウォーターハザードの外で紛失したかもしれない、またはアウトオブバウンズであるかもしれないと思った場合には、プレーヤーは、時間節約のため、暫定球をプレーするべきである。
球探しをしている組は、探している球がすぐには見つかりそうにないと思ったら、後続の組にプレーを続けて先に行くようすぐに合図するべきである(球を5分間探した上、その後でプレースルーの合図を出すようなことのないように)。後続の組を先に行かせたら、その組のプレーヤーたちがパスして行って球の届く範囲外に出るまで、プレーヤーはプレーしてはならない。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

皆様は暫定球とは何かご存知でしょうか?

ラウンド経験が何度かある方はご存知だと思いますが
簡単にご説明をいたします。

暫定球とは、打球がウォーターハザード以外のところで
OBまたはロストボールになる可能性ががあるところに
行ってしまったときに打つ仮のボールです。

もし最初のボールがOBであったり、
見つからなかったときは本来、
元の位置に戻って打ち直さなければいけないのですが、

暫定球を打っていくことにより、
元の位置に戻らなくてもよいので時間の節約になります。

余談ですがなぜウォーターハザード以外と申しますと
ウォーターハザードに入ってしまった場合は
OBやロストボールと違い、
ウォーターハザードの処置をしなければならないからです。

パスについてですが
ルールブックに書かれているようにすぐに見つかりそうもない場合は
早めにパスさせるべきですが

競技ではなくプライベートで回る際には、
同じ組の人が全員で探して見つからなければ5分もかけず
早めに捜索を切り上げて暫定球をプレーするようにしましょう。

暫定球を打っていない場合はルール外ですが
その辺から2打罰で もありだと思います。

いつまでも諦めずに探し続けると
前の組との間隔が空いてしまい、

後続組と一緒に探している人にも
迷惑がかるということをお忘れなく。

私事ですが
OBゾーンに行ったボールをキャディーさんが拾いに行こうとした時に
こんな事を言った人がいます。

「OBボールに未練なし」「キャディーさん探さなくていいよ」
まさにその通りだと思いました。

いつまでもダラダラ探していると
周りに迷惑がかかるだけではなく
自分自身の次のプレーにも悪影響を及ぼしてしまいます。

OBやロストボールをしてしまったら、
ぱっと諦めて気持ちを切り替えて

次のプレーに集中すべきです。

もし捜索中パスさせた場合は
前の組が球の届く範囲外に出るまで打たずに待ちます。

当たり前のことですよね。

本日はここまでとします。

こんな感じでルールブックのマナーの項目について
できるだけ詳しく説明しながらすすめていっております。

過去のお話については
随時こちらのブログにアップする予定です。

よろしくお願いいたします。