腕シャフトの角度

 

いつもご覧いただきありがとうございます。

 

前回の左右のグリップに働く力で

左のグリップは抑え力

右のグリップは支え力

が働いていることをお話しました。

 

この力のバランスでアドレス時に

両腕とクラブシャフトには

一定の角度が作られ

 

この角度はスイング中に

大きく変わってしまうこと、

アドレス時の手首の角度が

なくなってしまう

角度が直線に近くなってしまうことで

ミスショットにつながります。

アドレス時にこの角度を

しっかり作れるようにしてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA