9-3スイング

いつもご覧いただきありがとうございます。

 

8-4スイングにつづき

9-3スイングについて。

 

皆さんがコンバインドプレーン理論の

5つのスイングで

苦手な方が多いスイングです。

 

8-4スイングは、スイング始動と

インパクト前後の手首を固定した

クラブの動かし方を覚えるスイング。

 

9-3スイングは

「体のターン動作」

 

によるクラブの振り方を覚えるスイングです。

 

8-4スイング同様に三角形を崩さず、

手首を固定したまま体をバックスイング側と

フォロースルー側に飛球線に対し

約90度背骨を軸にしてターンさせ、

9時から3時の位置までクラブを振ります。

上半身の回転軸は、

後頭部から頸椎上部にかけて作られます。

感覚は左肩から始動させ

背中側を動かす意識です。

手や腕だけでクラブを振ってはいけません。

気を付けていただきたいのが、

体の回転でクラブを動かすことと

アドレス時に作った前傾軸、

前傾角度を保ちながら

その角度に対し水平回転させることです。

次回ではもう少し詳しく

解説していきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA