9-3スイング

いつもご覧いただきありがとうございます。

今回は、コンバインドプレーン理論の

5つのスイング(8-4、9-3、L字、コの字、フルスイング)中 の

2つ目の9-3スイングです。

9-3スイングで覚える動きは、体(体幹部)のターン動作を身に着けるためスイングです。
正しいターン動作を覚えることで、体の早い回転や重心移動が自然に覚えられるため飛距離アップにもつながります。また、フルスイングの下半身の動きにもなります。

8-4スイング同様、クラブフェースとシャフトを固定させ(グリップの押し支え力と両肘の絞り)、背骨を軸にしてアドレスの位置から両肩(体)を後方に90度回転、目標方向に90度回転させる動きになります。

フィニッシュフォームは、上体と腰は目標方向に正対します。

左膝はアドレス時の角度をキープしたまま左腰が回転しますので左大腿部の外側の外転筋群がねじれた状態になります。

右脚はつま先立ちになり、足裏は目標方向後方に向きます。

右膝頭は目標方向を向き、左膝の横に並びます。

重心は左脚踵にほぼ9割乗ります。(左足に重心が移動します)

次回は、L字スイングです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です