バックスイングの腕の動き   肘の曲げ伸ばし関係

いつもご覧いただきありがとうございます。

皆様 いかがおすごしでしょうか?

今回はバックスイングの

腕の動きについてです。

 

まずは肘の曲げ伸ばしの関係です。

 

その話をする前に、

バックスイングの目的とは

何でしょうか?

 

クラブが下ろしやすい

トップオブスイングをつくることが

バックスイングの目的です。

 

バックスイングは、

正しいダウンスイングで

ボールを打つための準備だと

以前お話いたしました。

しつこいようですが、

正しい動きではないバックスイングは、

ダウンスイングも必然的に正しくなくなり

ミスショットが発生します。

ですので、

これからはスムーズな

クラブの引き下ろしにつながる

トップオブスイングの肘の向きや手の位置、

その位置までどのように腕を動かすかについて

解説していきたいと思います。

 

今回は、肘の曲げ伸ばしの関係についてです。

まずは、3つのスイングの

トップオブスイングにおける

左右の肘の曲げ伸ばしの組み合わせです。

9-3スイング

左右の肘が伸びる。

(アドレス時にたわむ部分はそのまま)

L字スイング

左肘は伸び右肘は若干曲がる

コックは90度以上行わない。

コの字スイング

左肘は若干曲がり右肘も曲がるが

90度以上はまげない。

このとき90度以上のコック動作と

右肘の曲げ過ぎによるオーバースイングには

気を付けましょう。

皆さんチェックしてみてください。

特に難しいと思われるのは

9-3とコの字のトップオブスイング。

トップオブスイングの

クラブシャフトは地面と平行です。

オーバースイングにならないよう

注意しましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA