バックスピン 2(懐かしのドライバー)

 

 

いつもご覧いただきありがとうございます。

 

自粛生活で倉庫を整理していると

いろんなものが出てきます。

今回はそんな中の1つ。

これドライバーです。

フェアウェイウッドではありませんよ。

このドライバーが販売された当時は、

「 なんて大きなヘッドなんだ!! 」

と驚いたものでした。

1995年に販売された

グレートビッグバーサという

キャロウェイ社製のドライバーで、

当時の販売価格は10万円前後したはずです。

当時研修生だった私には

とても高価なものでしたが

プロになるために必要なものと

覚悟して購入しました。

そんなドライバーを見て

当時の気持ちや意気込みを思い出しました。

ロフトの角度は、リアルで8~9度です。

当時のシャフトと糸巻きのボールで

250~270ヤード飛べば

飛ばし屋といわれる時代でした。

 

一緒に並べたドライバーは、最近のドライバー(ダンロップ社製のゼクシオ)

ヘッドサイズは、左のゼクシオは460CC、ビッグバーサが250CCです。

今2つを比較すると、

大きさの違いに驚きますね。

近年のクラブの発達により

飛距離は飛躍的に伸び

USツアーのドライバー飛距離が

約300Yというのが

普通となりました。

当時はそんな時代が来るとは

想像できませんでした。

研修生当時の20代の時の飛距離よりも

50になった今の方が

ドライバーの飛距離は出ています。

このドライバーで研修会の地区予選や、

プロテストも受けました。

思い出たくさんのドライバーです。

ちゃんと打てますよ!

これからは、

時々このドライバーでショットして

当時の気持ちに戻って

自分の励みにしようと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA