アドレス時のグリップの位置

アドレスで構えた時の

グリップした両手の位置(基準)。

高さは

腰と膝の高さの真ん中

左右位置は、

左股関節の前(右打ちの場合)。

ズボンのチャックの左側から

左太腿内側(スラックスの折り目の右側)の間。

スタンスに対して正しいボール位置であれば、ハンドファーストになる。

それより左側に出し過ぎは、

過度のハンドファースト。

体がターゲットの左に向きやすい。

また、基準より後ろは、

レートハンド。

体がターゲットの右に向きやすい。

 

正しいインパクトの形は、アドレスしたらどこも動かさず、

下半身だけを左に少し回転させた状態(ダウンスイングは下半身先行)で分かります。

たかがグリップの位置。

しかし、体の向きも、正しいインパクトの形も変わりやすい。

アドレスは、正しいスイングを行う為の準備です。

忘れている方、もう一度チェックしてみて下さいね!

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です