ゴルフルールの主な変更②

2019年の新ルールの主な変更点②

(ドロップの方法)

球のドロップする方法が、

肩の高さからとされていましたが、

「膝より上の高さ」

に変更されました。

以下の3つの点を満たすことが

条件です。

①プレイヤー自身がドロップする。

②プレイヤーは次の要件を満たすように球を膝の高さから、はなさなければならない。

・プレイヤーが投げたり回転をかけたり転がしたりせずに、球が止まることになる場所に影響を及ぼす可能性のある、その他の動きをせずに球を真下に落下させる。

・球が地面に落ちる前にそのプレーヤーの体や用具に触れてはいけない。

・膝の高さとはまっすぐ立ったときのプレイヤーの膝の高さのことです。

球は救済エリアにドロップしなければなりません。プレイヤーはその球をドロップする時、その救済エリアの中または外に立つことができます。

上記の3つの要件のどれかに違反して球を間違った方法でドロップした場合、プレーヤーは正しい方法で再びドロップしなければなりません。そして、プレーヤがそうしなければならない回数に制限はありません。はありません。

以上がルールブックそのままの文章です。

このルールは、競技に参加される方などは注意が必要ですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です