テークバック(スイング始動)の重要性②

いつもご覧いただきありがとうございます。

前回の続き。

テークバックは、クラブヘッドをバックスイング方向に動かす最初の体の動きの事を指しますが、この時に大切なことが

 

体より先に手や腕だけで

クラブを

あげてしまわないこと 

 

でした。

 

アドレス時(下図)

体より先にテークバックを

手と腕だけを使って

クラブを動かす瞬間(下図)

クラブヘッドが体の正面から外れ、

このまま上げると体の回転が

不十分なままのトップオブスングが

完成してしまいます。

手や腕だけによる動きになるので

当然、インパクトエリアで

元に戻す動きとなり(上図)

結果、手と腕を返す動きになります。

クラブヘッドの動き

(フェースの開閉)が大きく

スクエアにボールを

ヒットするのが難しくなります。

 

テークバックの動きは、

アドレス時に両肘と手首を固定し

腕と体を一体化させて

体の背中側で前傾軸に対して水平に

回転動作します。

皆さんの8-4スイングの

始動時の動作

手や腕だけで

動かしていませんか?

クラブヘッドの始動は、体の回転

行ってくださいね !

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です