シャンクショットの原因2

いつもご覧いただきありがとうございます。

 

前回に続いてシャンクショットの例を

動画で見ていただきます。

少し分かりづらいですが・・・・

<バックスイングで上体が突っ込む>

良さそうに見えますが、

よく見ていただくと

テイクバックからすでに右脚つま先に

重心がかかるため

 

右脚踵が浮いた状態になっています。

ダウンスイングからは、

右脚踵が上がり始め

頭の位置は、

アドレスの位置より前方、

ボール方向に突っ込んで

 

結果、ヘッドの位置が構えた位置よりも

ヒール側にずれてヒットするため

シャンクショットしています。

このため、フォロースルーから

フィニッシュにかけての

左脚踵への重心移動ができないため、

 

上体が突っ込んだ形で

フィニッシュを迎えます。

 

<切り返し時に上体が突っ込む>

バックスイングからトップオブスイングまでは、

右足踵寄りに重心が乗っていますが、

トップからの切り返し以降

ダウンスイングでボール方向に

上体が突っ込んで

 

シャンクショットになっています。

このような動きを見てきますと,

足裏の重心は、

 

テイクバックから

トップオブスイングにかけては

左脚はつま先寄り、右脚は踵寄りの重心

ダウンスイングからフィニッシュまでは

左脚は踵寄り、右脚はつま先に重心が移動

(つま先立ち)しなければ、

 

体の回転動作がしづらいことがわかります。

また、クラブを直線的に動かそうとする場合も

同様にシャンクショットが出ます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です