下半身の動き③(ダウンスイングの動き)

いつもご覧いただきありがとうございます。

ここまで下半身の動きについて

解説してきましたが、

下半身だけの説明だけでなく

身体の全体の動きを解説したいと思います。

 

トップオブスイングからの動き

 

トップオブスイングでは、

上半身は右脚の上で回転してますが

腰はその場回転している状態です。

ダウンスイングは上半身が左脚に移動し

この動きに合わせ腰(下半身)が回転します。

 

上半身の動きと下半身の動きはほぼ同時です。

動く順序は、

①左脚への重心移動

(このとき上半身(肩)はまだ回転しない)

②下半身の先行動作

③上半身の回転動作

 

まず、上半身は体の向き

(トップまで捻った上半身)

を維持したまま左脚の上へ移動します。

(2つ目の動画参照)

上半身が左脚に移動する動きで

肩始動の回転にはなりません。

移動とほぼ同時に

左膝がアドレス時の位置に戻る動き

から下半身先行の腰の回転が始まり

その動きによって上半身が引っ張られて

回転を始めます。

下半身の回転する動きは、

詳しくは、左脚外側の筋肉によって

左膝が目標方向に動くことを

きっかけとして左腰が回転します。

 

まとめますと

 

ダウンスイングが始まっても

上半身はすぐに回転しない。

 

ダウンスイングの始動は

上半身の左脚への移動から。

 

それと同時に下半身の回転が始動。

 

この下半身の回転に引っ張られて

上半身が回転。

 

というようになります。

 

 

上半身は重心移動を担当

下半身は回転を担当

 

になります。

次回は、皆さんがこの動きの中で

疑問に思うところを解説したいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA