9−3スイングその②

 

いつもご覧いただきありがとうございます。

スイングで重要なのは

前傾の軸に対して

上半身が水平に回ること。

これがゴルフスイングで

厄介な部分。

わかりづらい。

地面に対して

前傾している姿勢から

その前傾軸に対して

水平にバックスイング方向に

上体を90度回転させると

左肩は右肩より若干

下がっていることになる。

前傾軸水平回転しながら

腕を縦方向に上げる動作が

上体を起こしやすい

(前傾角度がなくなる動き)

原因になります。

 

これを防ぐためには

左肘を絞りながら行うこと。

クラブヘッドは、

バックスイング方向に上げると

ヘッドの先の方(トウ)が重いので

目標線に対しフェースが

開こうとする動きをします。

この動きに対して

抵抗(左肘を絞る) をせずに、

体の回転とともに

腕を横方向(背中側) に上げると、

左肘は外に向き、

クラブが地面と水平になる、

インサイドに引いてしまう

フラットなテイクバック

及びバックスイングとなります。

 

この動きは、L字スイング以降の

スイングに悪い影響が出ますので、

アドレス時に左肘を絞った腕と

左手首の角度、

または右手首の角度を

変えないようにして

84及び93スイングすることが

重要となります。

左肘を絞る事は

前傾角度をキープし

腕を縦方向に

使いやすくするための

ポイントとなります。

 

9-3スイング

いつもご覧いただきありがとうございます。

 

9-3スイング。

 

コンバインドプレーンイメージの5つのスイングの

皆さんが苦手とするスイングドリル。

 

このスイングドリルの目的は、

体のターン動作(回転動作)を身に付けることが目的。

ですが、腕を横方向に振り上げる。

腕だけでクラブを上げる方が多い。

楽ですから。

 

 

肩(上体)が回転せず、腕だけで上げたクラブは、

当然、体をバックスイング方向に回転させていないので、

ダウンスイングでもほぼ体が回転しない。

手打ち。

腕は、上半身の上部についている。

上半身をバックスイング方向に回転させれば、

当然バックスイング方向に移動する。

ただ、そのままだとクラブが地面と平行に上がってしまうので

(前傾姿勢の分、若干縦方向には上がる)

少し縦(上)方向に上げる動作を入れる。

 

腕は、9-3ではバックスイングの回転動作の間に

クラブを腰の高さに上げる。

バックスイングは、体(上半身)の回転と

腕を縦方向に上げる動きで成り立つ。

 

目標線(ターゲットライン)に対し、

両肩を結んだ線がターゲットラインに対し

90度バックスイングで回転すれば、

9-3以降のスイングドリルの

腕を縦(上)方向に動かす動作(リフトアップ)が楽に行える。

 

体の真正面にあるから。

 

腕だけでも9時の位置にクラブヘッドを上げることはできる。

が、肩(上体)を回転させた9時の位置とは、

かなり内容が異なる。

 

8-4、9-3スイングで、

その人のゴルフのレベルがわかるのは、

そのことからも伺える。

つづきは、9-3スイング②で。

 

アプローチ

いつもご覧いただきありがとうござます。

 

アプローチが苦手な方。

たくさんいらっしゃる。

アプローチのミスは様々、

主にダフリ、トップ多いかと。

ダフリの原因。

クラブを上げる速さより

下ろす速さが遅くなる、

減速。

トップは、その逆。

加速。

 

いずれも、苦手意識が

ショットの不安を生み

リズム、

テンポ、

タイミングを狂わし、

腕とクラブが一体化されない

スイングになる。

 

ショットも同じ。

8-4、9-3スイングを見れば、

その人のゴルフの力量が分かる。

 

ホールに近づくにつれて、

プレッシャーかかるスポーツ。

同じ打球スポーツでもボールは、

待ってくれている。

考える時間は沢山ある。

考えすぎ。

必要な情報だけを取り込み整理。

自分を信じて集中、

あとはショットするのみ。

 

ラウンド中は、

正しく打つ事を重要視せず、

自分の打ちやすい、

リズム、

テンポ、

タイミングを大切にすることで

苦手を克服できるかも。

参考になれば…。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

セットアップルーティン

 

いつもご覧いただきありがとうございます。

 

セットアップルーティンの言葉の意味は、

セットアップは、

「 目標とボールに対して正しく構える動作 」

ルーティンは「 決まった手順 、お決まりの所作 」

などの意味です。

 

今回はセットアップルーティンの手順について解説いたします。

 

 

セットアップルーチンとは、

いつも同じ動作をすることで

大事なショットや緊張する場面での

ショットをいつも通りの気持ち、

精神状態で打てるように同じ手順でボールに対して

正しくアドレスするまでの動作の事です。

もちろん目標に正しく向いて打つ

重要な動作でもあります。

 

< 手  順 >

①クラブを手で持って飛球線後方に立ち、

ターゲットとボールを結んだライン上に

何か目印となるものを見つける。

② その目印とボールを結んだ線に、

クラブのリーディングエッジを直角にセットし

クラブヘッドを飛球線後方に置く。

この時、グリップエンドと体との距離を覚えておけば、

常にボールから同じ距離に立つことができます。

7IRON   :両つま先を結んだラインから

50㎝前後⇒以下1クラブで

ボール半分(約2cm)

 

ドライバー:88cm前後

体の回転スピードにより変わります。

 

③リーディングエッジのラインの延長線上に

右足内側が沿うように置く。

④ 右足と平行な場所に左足の位置を決める。

このときの左足を開く幅によって

ボールの位置が左寄りか

右足寄りかが決まる。

 

⑤位置の決まった左足を基準に

肩幅ぐらいの場所に右足の位置を決める。

⑥左手のグリップを決める

⑦右手のグリップを決める

⑧アドレスが完成したら目標を見たときの

左肩の見え方をチェックする。

目標を見たときに、視野に左肩が見えすぎると

右を向いています。

あまり見えないと左を向いています。

正しく構えが出来た時の

左肩の見え方を覚えてください。

(左肩の見え方に個人差は多少あると思います。)

目標に対して左肩がどう見えるかを、

ルーティンの最終のチェックポイントにしてください。

<アライメントの管理>

②のフェースセットでフェース向きを管理します。

③の右足ポジション姿勢で飛球線と

クラブシャフトの直角を管理します。

④の左足ポジションで飛球線と

平行のスタンスを確認します。

<所要時間>

ボールの後方に立って目標と

ボールの間にスパット(目印)を見つけてから

セットルーチンを完遂し打ち終わるまで

合計17秒以内を目標に練習してください。

<セットアップルーチンを行うタイミング>

ショットに必要な思考(ショットのイメージなど)

を行った後です。

日頃からこの切り替えの練習をしておく必要があります。

 

構えた時の両肩、両腰のライン

いつもご覧いただきありがとうございます。

セットアップルーチンの手順の解説の前に、

前回解説いたしました、

構えた時の両肩、両腰のラインが、

ターゲットと目標を結んだ線に対して、

2本のレールのように平行になる関係を、

下記の図で理解していただけたらと思います。

 

図の左側が正しい構えです。

みなさんは、右側の図のように右に向いていませんか?

次回は、目標に正しく構える手順、

セットアップルーチンを解説します。

正しいスタンスとは

いつもご覧いただきありがとうございます。

前回の続き。

まず、目標に正しく向くためには、

正しいスタンスを作る必要があります。

ただ、自分のスイングが

ある程度出来上がってからで

良いと思います。

つまり、自分の感覚とボールの

飛ぶ方向に違和感を感じたら、

スタンスを修正する時期だということです。

 

ラウンドレッスン時に、

生徒様によくみられるのが、

両肩のラインを目標に向ける方です。(右打ちの場合)

この場合、ボールは目標の

右に飛んでしまいます。

これは、アドレスの取り方に

問題もありますが、

構えた時の両肩、両腰のラインは、

ターゲットと目標を結んだ線に対して、

2本のレールのように平行の関係に

なっていなければなりません。

 

これをどのようにして行うかというと、

正しく構えた時の左肩の見え方を

覚えておく必要があります。

セットアップルーチンという

構える手順のなかで、

目標方向に正しく構えることを行います。

 

次回は、その手順について解説しましょう。

 

 

 

 

目標に正しく構える

いつもご覧いただきありがとうございます。

 

皆さんは、ターゲット(目標) に

正しく構えることができますか?

 

このお話をいたしますと、

それがどのようなことなのかが

わからない方が多いかと思います。

 

 

 

なんとなく目標に構えてボールを打っている。

ただ何となく目標に向かって打つだけで、

ボールは目標に飛ぶのでしょうか?

 

 

ボールに対して正しくアドレスが出来て、

真っすぐにボールが打てても、

目標に対して正しく構えることが

出来なければ、当然ボールは

目標には飛びません。

 

ラウンドレッスンに行った際にも、

そのことが課題に上がります。

いきなり目標設定も行わず、

アドレスしてショットするシーンが

多く見られます。

 

コースに出ますと当然、

マットなどの直線的なものなど

ありませんので、

ターゲットに対して正しく構えることが

難しくなります。

また、ティーグラウンド以外でも、

傾斜や起伏があるコース上では錯覚しやすく、

正しく構える事は非常に困難で、

プロは正しく構えることを

とても重要とします。

 

では、正しく目標に構えるには、

どのようにすればよいのでしょうか?

次回からは、そのことについて

解説したいと思います。

 

 

無意識のスイング

 

いつもご覧いただきありがとうございます。

皆様からよくこのようなお話を聞きます。

 

コースでは普段のスイングができない。

 

練習やレッスンで様々な意識や

考えを持ちながら、

スイングを作ることはとても大切ですが、

頭の中で考えながら作ったスイングは、

ラウンドで頭が真っ白になって

わからなくなってしまうと

スイングが出来なくなります。

たった2,3秒で終わってしまうスイングで

たくさん意識をもって打つことほど

難しいことはありません。

普段から意識してショットをしたら、

そのあとに何発か、

無意識でショットすることをしてください。

意識をしなくても、

その動きが自然とできるように

練習しましょう。

体にその動きを覚えさせるのです。

 

普段からそのように練習をしておかないと、

ラウンドでは普段とおりのスイングが

できないですよ。

 

コースに出たら

あれこれとスイングの事を考えず、

体が自然と反応するように

自分を信じてショットをしてみましょう。

 

 

 

 

 

  スエー動作について②

いつもご覧いただき

ありがとうございます。

前回はスエー動作について

説明いたしました。

今回は、スエー動作をし

ないための解説を

したいと思います。

<バックスイング時の

下半身の動きについて>

 

前回でスエー動作は、

右脚に体重を乗せる動きや

股関節に体重を乗せる動きが

原因で起きるとお話いたしました。

簡単に言いますと、

上半身の回転の勢いに負けて

右サイドに膝や腰が

流れてしまう動きです。

なぜこのようなスエー動作が

いけないかというと、

スエーしたトップオブスイングの

体勢から体を回転させると、

一旦腰の位置を左に戻してから

腰を回すか、

その場で右脚重心のまま

回転してしまうしかありません。

腰の位置を

一旦移動させてからの

動きの場合、

腰の回転は十分に行えず

フォロースルー回転が

不足してしまいます。

また、その場の右脚の上で

回転してしまうと

体全体が右側に残り、

これも同じくフォロースルーで

左脚の力がうまく使えず

飛距離の出ないショットになります。

それでは、このスエー動作を防いで

正しい動きをするには、

どうすればよいのでしょうか?

<右脚大腿部(太もも)の

ネジレを作る>

 

バックスイングでは、

腰は右脚大腿部(太もも)

外側の筋肉で

右方向に回転するのですが、

この回転と同時に

右脚大腿部(太もも)の

内側の筋肉で

右ヒザがアドレスの位置よりも

右に流れないように踏ん張ります。

この動きが右脚大腿部(太もも)に

ネジレを作ります。

このネジレが出来た時の感覚は、

右脚大腿部(太もも)の

内側の筋肉を意識して、

右ヒザが外を向かないように

頑張りながら

腰を回していく感じです。

この時の右ヒザの動きは、

バックスイング時の

内側の一点が軸になり、

両ヒザの間隔を変えないように

左ヒザが円運動します。

その動きでトップオブスイングで、

左ヒザはアドレスの位置よりも

若干右斜め(体の内側方向)前に

動きます。

右ヒザの内側の位置は

変わりませんが、

右ヒザ頭が僅かに右に動くのです。

また、アドレス時に作られた

右ヒザの角度は

わずかに変わります。

つまり

右ヒザは、

バックスイング時に

わずかに伸びるのです。

バックスイングで

右ヒザが伸びてはいけない

と思っている方が多くいますが、

それは間違いです。

( 下画像は右ヒザの

角度を変えずに、

右脚に体重を乗せた

トップオブスイングです。)

まったく伸びないのは

右のお尻が左踵内側に向かって

動けないのです。

(バックスイングの

右腰の回転量が少なくなる)

もちろん、完全に

伸ばし切ってしまうと

ヒザ頭は完全に外を向いてしまい、

スエーしやすくなってしまいます。(下画像)

体の正しい動きは、

左右の移動(重心移動)を

上半身が担当し、

下半身は、その場回転を行います。

そのためにも、

正しい右脚の動きを覚えましょう。

正しい右脚大腿部(太もも)の

ネジレが、

トップオブスイングで

出来た状態を感覚的にいうと、

右脚大腿部(太もも)外側の

筋肉から右のお尻にかけての

筋肉がきつくつぱっている感覚です。

このネジレは、

正しい体の動きができると同時に

ネジレを戻すことで

ダウンスイングの体の回転が

速くなり

ヘッドスピードを

上げることにつながります。

   スエー動作について

いつもご覧いただき

ありがとうございます。

日頃のレッスンで多い

スイング中の動きで、

以前にも解説いたしました

スエー動作について。

<バックスイング時の

スエー動作>

 

『 ス エ ー 』は、

皆様もレッスン中に

聞く言葉と思いますが、

実際はどのような

動きの事なのでしょうか?

コンバインドプレーン理論では、

バックスイングの下半身の

回転は右足を軸として回転し、

ダウンスイングから

フォロースルーの

下半身の回転は、

左足を軸にして回転すると

考えています。

ですのでトップオブスイングでは、

右足大腿部(右太もも)に

ねじれを作ります。

この動きは右足大腿部の

内側の筋肉で、

右ひざがアドレスの位置よりも

右に流れないように、

踏ん張りながら右足外側の筋肉で

腰を回す動きです。

これを

右足の股関節に体重を乗せること

 

と誤解している人が多いのです。

『バックスイングでは

体重を右足に乗せる』

右股関節に体重を乗せて

OKと考えている人が

ほとんどではないでしょうか?

この動きでは、

右足太もも内側で

ネジレをつくることができず、

またトップオブスイングでは

体は楽に感じるでしょう。

このようにして、

下の写真のように

上半身の回転の勢いで、

下半身が右に動いてしまう動きが

スエーです。

それでは、

下半身の正しい動きは

どのような動かし方を

すればよいのでしょうか?

また、どのような感覚

なのでしょうか?

その点につきましては、

次回に解説をいたしたいと思います。