テークバック(スイング始動)の重要性①

 

いつもご覧いただきありがとうございます。

テークバックは、クラブヘッドをバックスイング方向に動かす最初の体の動きの事を指しますが、この時に大切なことが

体より先に手首や腕だけで

クラブを

あげてしまわないことです。

 

手首や腕だけで行うと、アドレス時の体の正面からクラブヘッドが早い段階で外れてしまい、後から上体をバックスイング方向に回転させても、最初に手首や腕で上げている為に、インパクト手前で体の回転を減速させながら最初のその動きを戻すことで打つことになります。

これはインパクトエリアでのクラブフェースの動きが大きくなり、また、スイング中で最もクラブヘッドが体の回転によって速く動くエリアなので、

その早い動きの中で手首と腕を戻す動きとなりますと、

非常に難しくミート率が悪くなります

このことからも、みなさんが最初に習います

8-4スイングは、

とても重要 ! !

 

であることがわかると思います。

それでは、8-4スイングはどのような動きでしたでしょうか?

アドレス時に胸を張って肘を絞り手首を固定、正しい前傾姿勢で体の回転で行う、つまり回転軸は背骨なので

体の背中側でクラブを動かすこと

 

になるのです。

少し話が難しくなってしまいましたので、次回にもう少しわかりやすく解説いたしたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です