パターはパターのアドレス

ザバスゴルフスクールの皆様こんにちは

花粉と戦う新原です

前回の続編的なブログ

パターで1番に気を付けて頂きたいのが

アドレス

ただ単に

パターのアドレスを
してほしいということです

アイアンなどと同じような
腕の使い方になってしまいますと

パターをハンドダウンして
アドレスしてしまいます

パターの長さやライ角を無視して
アドレスしていては
ボールは狙ったところに打てません

パターはパターのアドレスが
ありますので
アイアンなどと同じにならないように
気を付けてください

レッスン動画を観たり

コーチに質問して

パターのアドレスを覚えましょう

いつも読んで頂きありがとうございます!

それではまた

スイングとパッティンは全く別物

ザバスゴルフスクールの皆様こんにちは

ちょっと太ってきた新原です

ゴルフスイングは
回転動作です

パターは
下半身固定で回転はしませんから
上半身の動作だけです

そして
パターのアドレスで
振り幅を大きくするには限界があります

なので
パターの打ち方の延長に
ゴルフのスイングは成り立ちにくいです

逆もしかり
ゴルフスイングを
パターのストロークに
活かすことはできません

俗に言う
アドレスの三角形は
回転動作に適したアドレスです

回転をしないパターには
適さないです

スイングとパターストローク
似て非なるもの
それぞれのポイントを
大切にしましょう

いつも読んで頂きありがとうございます

それではまた

新ルールピンは抜かない方がいいのか⁉︎

ザバスゴルフスクールの皆様こんにちは

先日、初打ちをした新原です

この初打ちの日

やっと新ルールでゴルフをすることができました

結論から言うと

ピンがあってもなくても

スコア的に私は関係ありませんでした

有利か不利考えると

パンチが入った時や下りなどで

ラインに乗っかっていれば

ピンに当たって入るか弾かれて助かる

などの有利点があります

後は断然プレーは早くて快適です

デメリットを考えると

指が短い人はボールが取りづらい

カップの淵に触れてしまい崩れやい

などがあるでしょうか

私は同伴者がどうしてもって

言わない限りは

ピンは抜かないでやっていこうと思います

だから有利か不利かでみたら

有利なことの方が相対的に多いです

コースで別人は⁉︎

ザバスゴルフスクールの皆様こんにちは

初打ちを終えた新原です

スイングには
練習場で出る癖と
コースで出る癖とあります

コースだと別人と
言われる方は
コースで克服していかないといけない癖です

もちろん練習場で練習して
その上でコースでチャレンジです

メンタルであり
OBや池や谷であったり
傾斜であったり
人に見られている状況であったり

コースで克服する課題は
コースでチャレンジして改善です

ゴルフは
本番とは違う環境で練習するので
それを理解した上で

練習していきましょう

脇を締めるの誤解

ザバスゴルフスクールの皆様こんにちは

いつもの新原です

「脇をしめる」を
誤解していらっしゃる方が
結構いらっしゃいます

特にゴルフ歴が
長い年配者ほどその傾向にあります

脇をしめるの誤解は
「肘を体につける」
と、なってしまっている方が多いです

肘を体につけるあまり
バックではトップが上がらなくなり
フォローでは左肘が引ける

脇をしめても
腕は上下動させないといけないので
肘をつけると誤解している方は
改善していきましょう

バックスイングの回転

ザバスゴルフスクールの皆様こんにちは

花粉を感じ始めている新原です

バッグスイングで
肩を回すとは
背骨を中心とした
腰も含めた回転動作です

私も始めの頃は誤解していましたが
左肩を右に横移動する動作では
ないということです

言葉では難しいのですが
背骨を中心としない
左肩の移動のトップは
背骨が歪んだ状態ですので
ダウンスイングに
スムーズに移行できなくなります

左肩の回転と左肩の横移動
違いをご確認ください

トリガーグリップ

ザバスゴルフスクールの皆様のこんにちは

やっと初打ちの予定がたった新原です

さて今回は

トリガーグリップ

右手人差し指の使い方です

この指はとても重要で

巷では今でも

右手は使ってはいけないだとか

ゆるゆるに持つなど

出回っていますがそれはいけません

右手人差し指のトリガーグリップは

L字以上のスイングに大きな影響を与えています

右手人差し指が使えなくては

L字以上のスイングが上手くできないと

言っても過言ではありません

ちょっと自信がない方分からない方は

レッスンの時に質問してください!

アプローチと振り幅

ザバスゴルフスクールの皆様こんにちは

初打ちがいまだ未定の新原です

アプローチは
もっともっとシンプルに

ランニングだの
ピッチエンドランだの
深く考えない

打ちたい距離と
打ちたい高さで
使用クラブと振り幅は
おのずと決まってくるはずです

振り幅小さければ(8-4)
結果的にランニングになるし

振り幅が大きくなれば(9-3)
結果的にピッチエンドランになる

ロブショット以外は
技でなく
打った結果そうなっただけです

アプローチをシンプルに
ライや
アドレスや
振り幅に
集中しましょう

フラットだからフォームが作れる

ザバスゴルフスクールの皆様こんにちは

花粉を感じ始めた新原です

スイングは

フラットだからスイング作りができます

フラットで
スクエアに構えられるマットだから
球筋の原因が全て自分にある
ということが明確になるからです

だから傾斜地では
スイングは作れない

なので
ラウンドだけではスイングは作れない

個性的な当て方になりやすい
傾向にある

傾斜地の練習はあるけど
傾斜地でスイング作りはない

さあ今日も練習練習っと!

気持ち良く振るは正しいのか?

ザバスゴルフスクールの皆様こんにちは

月曜・土曜の担当になった新原です

「気持ち良く振りたい」

ということを聞きますが

本当に気持ちの振ること

が良いスイングと言えるのか?

私は全くもってそうは思えません

気持ち良く振ろうとして

いらぬ癖が

身についていっていると言っても

過言ではないと私は思います

フォームを覚えるという事は

自分にとって

違和感しかないこともあります

でも

慣れてしまえ違和感はなくなります

スイング練習をする際は

気持ち良く振るは一旦置いといて

練習してみてくだい!

それではまた